ツツミパネルヒーター

ツツミパネルヒーター

ツツミダンデーの特徴

床暖房は、床下の発熱体からの遠赤外線によって室内を暖めます。
下から上への緩やかな上昇気流は発生しますが、エアコンのような強い空気の対流で床のカビ、ダニ、ホコリを舞い上げることはありません。
電気式床暖房は温水式床暖房のように不凍液の交換等の定期的なメンテナンスは必要ありません。
また、耐久性が高く、温水式のように、水漏れやボイラー等の故障がなく手間がかかりません。
エアコンのように風によって空気を乾燥させませんので、目やのど、お肌にやさしい暖房です。
体感温度には個人差がありますが、一般的に床暖房の場合、室温が18℃前後でも遠赤外線の効果と、足元に直接触れる暖かさで、充分に生活できる暖かさを確保できます。(床面積の約60%以上の発熱面積必要)。そのため、頭は涼しく読書や勉強に最適です。
床面積の大部分(約60%以上)を暖める床暖房は室内の隅々まで暖め、冷たい空間をつくりません。また、遠赤外線を効率よく放出し、体を芯から暖めるため、室内温度が低くても快適な生活ができます。床暖房がひだまりのような暖かさと言われるのはこのためです。