やさしいね。暖かいね。


「ツツミダンデー」は、ガス・灯油等の温水式はもちろん、他の電気式床暖房製品より多くの利点を備えた当社が独自に開発した電気床暖房システムです。
一目でその利点がわかるよう、他の床暖房製品と比較しながら「ツツミダンデー」の構成や施工に際して必要な事などを、わかりやすくご紹介します。

ツツミダンデーの特徴

PTCとは、Positive Temperature Coefficient(正温度係数)の略で、温度が上昇すると電気抵抗が増加する性質のことをいいます。 この性質を利用したのが、ツツミのPTC発熱体。適度な温度になると一定温度で安定し、快適さを保つことができるのです。

■PTC特性の基本機構

起動時は、導電性粒子がお互いに接触して電極間に連鎖を形成します。電気がこの連鎖を流れる際に発熱し、温度が上昇します。[図1]
温度が上がると、発熱部が熱膨張するため、粒子の連鎖が部分的に断ち切られます。その結果、電流が流れにくくなり、熱の発生も低減し、一定温度で安定します。[図2]
PTC発熱体を用いた床暖房は、自ら高温になりすぎないように制御するため、過熱防止装置などを必要としません。一定温度を保つため、低温やけどの心配も極めて低く安全です。また、一定の温度に達すると、自ら感知して発熱を抑えるため余分な放熱を防ぐことができます。

■PTC床暖房の暖かさ

エアコンなどは、サ一モスタットで温度を検出して熱源のスイッチを入れたり切ったりしています。そのため、室内の温度は常に上下しています。一方、PTC床暖房は一定の温度に達すると、自動的にその温度を保ち続けます。

ツツミの床暖房システムは、床からの伝導熱と輻射熱で床面を快適な温度に暖めます。そのため足もとから天井までの温度差が少なく一定に保たれるので、頭寒足熱の理想的な状態で快適な室内環境をつくります。
遠赤外線は共振共鳴により、身体の中まで熱が浸透しやすく、健康にも非常に良いといわれています。ツツミの床暖房システムは、この遠赤外線が高効率で放射されるため、身体の芯から暖めます。また、ダニ、ゴキブリなどの発生を抑え、ホコリも舞わないクリーンな床暖房です。さらに、電気式なので、給湯器やボイラーの騒音や燃焼排気ガスの発生など、環境汚染が極めて少ないのが特徴です。

ツツミの床暖房システムは、床仕上げ材を貼る前にヒーターを置くだけの簡単な施工です。

室 温 5℃ 10℃ 15℃ 20℃
床表面温度 12℃ ~ 14℃ 17℃ ~ 20℃ 15℃ ~ 26℃ 28℃ ~ 32℃

ツツミダンデーはここが違う

ツツミ床暖房は、ココが違います。

ツツミ床暖房システムと一般的な電気式床暖房との 大きな違いは、「制御方法」にあります。
ツツミ床暖房は、サーモスタット※1や温度ヒューズ※2(機械的安全装置)を 使用していないので、他の電気式床暖房と比較すると、 使用上の制限が少なく、安全性に優れています。

ツツミ床暖房
システム
一般の
電気式床暖房
制御方法 サーモスタット・
温度ヒューズの無い
自己過熱抑制
機械的サーモスタット・
温度ヒューズによる
ON・OFF温度制御方式
使用上の制限事項 床に振動を与える
(子供の飛びはねなど)

水場での使用
(洗面所・流し前・脱衣所)

重量物を置く

座布団・布団・カーペットを敷く

注:厚いカーペットは熱伝導の
妨げになりますのでご注意下さい。

数時間床に物を置く

家具等による局部加熱

床暖房システムに対しての評価でありフロア材や家具等の品質を保証するものではありませんのでご注意して下さい。
床材によっては、使用できる物と出来ない物がありますので、メーカーへお問い合わせ下さい。

ツツミ床暖房は、ココが違います。

ツツミ床暖房システムが採用しているPTCヒーターは、他の電気式床暖房や、灯油、ガス式の床暖房と比べても優れています。

  電気式床暖房 温水式床暖房
ツツミ床暖房の
PTCヒーター
PTC傾向の
ヒーター
カーボン
ヒーター
電熱線
ヒーター
灯油式 ガス式
(都市ガス)
ガス式
(プロパン)







必要以上に温度が上がらないため安全。
自己過熱抑制でセンサーが不要。

サーモスタットや温度ヒューズなどの機械的な安全装置を多く使用するため、コントローラーで制御。
低温やけどの注意が必要。

漏水やパイプの詰まり、可燃性の燃料を使用するため、燃料の安全管理が必要。

経済性

暖かくなると消費電力が少なくなるので非常に経済的。

消費電力が落ちにくい。

比較的コストが割高。

燃料に安価な灯油を使うため経済的。
しかし、温度ムラが多い。

使用料金が高いために割高。
温度ムラも多い。

料金が非常に高いため割高。
温度ムラも多い。

メンテナンス

故障の原因がないため必要なし

基本的にはメンテナンスフリー。
しかし、センサー、サーモスタット、温度ヒューズなどの故障の可能性あり。

定期点検、ボイラー燃料タンクなどのメンテナンスが必要。
燃料供給の管理などが必要。

環境配慮

電気式床暖房は、室内外ともクリーン。
取り扱いも簡単。

CO2などの排気ガス発生、住宅地域における運転時の騒音などが問題。

リフォ|ム性

施工が簡単

施工が大変

※1「サーモスタット」とは
発熱体温度の過剰な上昇を防止するために、自動的に通電を遮断する素子。温度の低下によって復帰する。
※2「温度ヒューズ」とは
発熱体温度の過剰な上昇を防止するために、自動的に通電を遮断する素子。温度の低下によって復帰しない。

ツツミダンデーはここが違う

品質と安全性の高さに自信があります。

  • ISO9001認証

    ISO9001認証取得事業所

    「顧客満足」を目的とした品質マネジメントの国際規格。常に顧客のニーズを汲み取り、最高の品質、技術を提供するために品質マネジメントのシステムを構築、実施。継続的改善を行っています。

  •  BL(ベターリビング)認定

    BL(ベターリビング)認定商品

    (財)ベターリビングが認定する優良住宅部品認定制度。優れた住宅関連商品に対して認定され、万が一の事故の場合にはBL保険により保証されます。
    認定番号BLHS231520ーD

    優良住宅部品は、設置する場所(適用範囲)を設定して認定基準などを規定しております。そのため、優良住宅部品を適用範囲外で使用される場合は、優良な部品としての性能などが発揮できないことがあるとともに、優良住宅部品認定制度に基づく優良住宅部品とはなりませんので、ご注意ください。

  •  S-JET認証

    S-JET認証商品

    (財)電気安全環境研究所が、製品の電気的な安全性を確保するために規定された電気用品安全法の技術基準に適合した商品です。

  •  S-JEF認証

    S-JEF認証商品

    日本国内で最も厳しい床暖房(発熱体、製品、設計、施工など)の基準をもとに、指導、運営をしている電気床暖房工業会が定めた基準に適合した商品です。

住宅金融支援機構融資の割増融資について

この設備は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)融資の割増融資対象設備です。割増融資を利用する場合は、居住室に10m²以上の床暖房と併せて、機構承認番号が付与されている給湯設備を設置し、浴室、炊事室、洗面所等への3カ所給湯を行うことが必要です。(機構承認番号 KHS026-D) また、機構融資を利用できる方には、一定の条件があります。詳しくは住宅金融支援機構ホームページにてご確認ください。(http://www.jhf.go.jp